遺品整理で最後の別れ|さよならメモリーズ

桜とセンス

サービスの質の向上

遺骨整理業者の数が増える一方で、業界の差別化を図るためにサービスの質が向上しています。昔なかったようなサービスもふえているので、利用者としては安心して利用することができます。

>>Read More

散骨で温もりを

散骨をするでオリジナルの葬儀をすることができます。特別な許可をとる必要がないので、船や飛行機などから散骨することができます。土葬や火葬につぐ人気の埋葬方法として普及しています。

>>Read More

葬儀の歴史

北区で葬儀をするなら、どの会社を選びますか?親身になってくれる会社があるので、利用をして、円滑に行ないましょう。

作業の前の見積もりも無料のため、すぐに金額を把握できます。神戸の遺品整理をするときは無料相談をしましょう。

世界と日本の埋葬の歴史

現在確認されている最も古い埋葬の跡は、イラク北部の洞窟の中から発見されています。その場所に今から約10万年以上前に住んでいたと思われるネアンデルタール人の遺骨が発掘されており、遺骨の周辺からはその場所には咲いていない花粉のあとが発見されています。このことから、ネアンデルタール人が生きていた時代には、すでに埋葬という習慣があり、さらに死者に対して生花を手向けるという習慣もあったと推測されています。 日本では縄文時代の遺跡からその時代に埋葬された縄文人の遺骨が発見されています。遺骨は体を折り曲げた「屈葬」というかたちで埋葬されており、死者の魂が逃げないように体を折り曲げて埋葬していたという説が有力です。

人気がある形式にこだわらない葬儀

日本では古くから仏式による葬儀が行われており、埋葬法は火葬が大半を占めます。ただし、最近は仏式の葬儀をすることにこだわる人が少なくなっている傾向があります。最近は「費用が安い」「短時間で終わる」「手間がかからない」葬儀が多くなっていて、参加者を限定した家族葬や火葬のみ行う直葬なども人気です。 また、埋葬法で人気なのが「自然葬」です。自然葬には野山に散骨する「樹木葬」や、海に散骨する「海洋葬」などがあります。樹木葬も海洋葬も遺体を荼毘にふすことには変わりませんが、お骨上げをした遺骨をお墓に納骨せずに自然のある場所に返すという特徴があります。生前海や登山が好きだった人に人気があります。 このように従来の形式にとらわれない形の葬儀はこれから当たり前になっていきそうです。

大切な人の旅立ちのために麻生区で葬儀を行うならこちらがおすすめです。温もりある葬儀を行うことができますよ。

成年後見の手続きに関する相談はこちらにしましょう。わからないことも専門のプロが丁寧に説明してくれるので頼りになりますよ。

身内の葬儀は生活保護受給者でも行えます。しっかりお別れがしたい方はこちらのサイトからチェックしてみてはいかがでしょうか。

身内or業者

遺品整理は故人を感じることができる大切な行事です。適切な理由がない限りは身内で行なった方が良いです。理由があって遺品整理ができないならば、業者に依頼するのも手段の一つです。

>>Read More